児童発達支援 幼児療育センターとは

就学前の時期は、身辺自立や社会性、コミュニケーションなどを学ぶ大切な時期です。
特に発達に遅れや偏りがみられるお子様の場合、早期から個々の発達や特性に合わせた支援を行う必要性があるといわれています。
個々に合わせた支援を早期から行うことにより、適切な行動やスキルの習得を促すことができます。

●感覚
粘土・積み木・水・砂などに触れ、感覚を刺激し、くり返し遊べる力を育てます。

●音楽
太鼓など 楽器を使い 「聞く」 「たたく」 「見る」などの感覚を養う。

●運動
ボール・平均台・トランポリンなどを使いバランス感覚を養う

●生活リズム
トイレ・手洗い・うがい・あいさつなどをします。

サポートハウスひかりでは、親御さまや関係機関と連携し、お子さまの発達支援を行います。
お子さまを取り巻く大人たちが協力し合うことが早期支援をより効果的にすると言われており、お子さまの現在の目標を共有し、手立てを共通させることにより、お子さまを中心とした支援体制を組み立てます。

サポートハウスあかりについて

yahooショッピング アカリハウス
サポートハウスあかりのFacebook
サポートハウスひかりのブログ
サポートハウスひかりのブログ

HOMEサポートハウスあかりについてご利用案内就労移行支援事業就労継続支援A型企業の方へスタッフ募集お知らせお問い合わせ